杉咲花の経歴と評判は?出演のドラマ・映画について

芸能
スポンサーリンク

味の素「Cook Do(クックドゥ)」のCMでの迫力満点の食いっぷりが印象的な杉咲花さん。
2020年度後期のNHK連続テレビ小説『おちょやん』のヒロイン役も決まっていて、これからの活躍が期待されています。

キュートなかわいさで人気の杉咲花さんは、どんなドラマや映画に出演していたのでしょう?
杉咲花さんの今までの経歴や評判についてまとまてみました

※NHK連続テレビ小説『おちょやん』は、大阪の南河内の貧しい家に生まれたヒロインが、さまざまな困難を乗り越え、上方を代表する女優となっていくお話です。

今回まとめた内容は目次のとおりになっています。

スポンサーリンク

杉咲花の経歴

杉咲花さんは、今の所属プロダクションの研音に入るまでは「梶原花」の芸名で芸能活動をしていました。

研音に所属する前の経歴は、どちらかというとCMが中心の活動だったようで、初出演のドラマは『まるまるちびまる子ちゃん』という子供向けのテレビ番組ですね。

憧れの志田未来が所属する研音に入ったときに芸名を「杉咲花」に改名しました。
研音に所属してから初めてのドラマ出演は、2011年の松田翔太さんと高橋克実さん主演の『ドン★キホーテ』となります。

この年に味の素「Cook Do(クックドゥ)」のCMで、その食べっぷりから回鍋肉を食べる少女として話題になり、杉咲花さんにとって大きな転機になったようです。

このCMで杉咲花さんは大食いだという評判が立ちましたが、2018年の写真集「ユートピア」の発売イベントで大食いではないと笑って否定していました。

まあ、「私は大食いです」と公言するのはギャル曽根さんのような大食いタレントくらいで、若い女優としては、当然の対応ですね。

その後『桜蘭高校ホスト部』『妖怪人間ベム』『13歳のハローワーク』などのドラマに出演していましたが、2013年の『夜行観覧車』での娘役の演技が評価され、多くのドラマや映画に出演するようになりました。

個人的には、広瀬すずさん主演の『学校のカイダン』でのプラチナ8の香田美森役が印象に残っています。

2016年には映画『湯を沸かすほどの熱い愛』での演技が認められ、日本アカデミー賞などの映画賞において助演女優賞を受賞しています。

賞をとれるほどの演技力をつけてきた杉咲花さんドラマや映画への出演がどんどん増えてくるのは当然のことですね。

2018年には、連続ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』で初主演し、映画においても『パーフェクトワールド 君といる奇跡』で初主演をはたしました。

大河ドラマにも出演するなど、女優としての道をしっかりとした足取りですすんでおり、2020年にはNHK連続テレビ小説『おちょやん』のヒロインを演じることになっています。

松嶋菜々子さんや竹内結子さん、石原さとみさん、のんさん、有村架純さん、永野芽郁さん、波瑠さん、高畑充希さん、芳根京子さん、土屋太鳳さんなど連続テレビ小説に出演してブレイクした人は数え切れません

8月には、吉沢亮さんとのW主演映画『青くて痛くて脆い』の公開も控えており、2020年は間違いなく、杉咲花さんの女優としての経歴の大きな節目となると感じています。
 

杉咲花のドラマ・映画での評判は

彼女の経歴を見てもわかるように、2013年の『夜行観覧車』の迫力ある演技で女優としての評価を上げてから、徐々に主演級で出演するドラマや映画が増えています。

キャスティングのせいもあると思いますが、作品ごとでの評価・評判にはかなりの上下があります
ただ、全体的には高い評価・評判を得ているものと思います。

他には、バラエティー番組『ネプリーグ』に出演した時の珍解答を連発したことに対して、「世間知らずだ」とか「ものを知らなすぎて気持ち悪い」「順番が回ってこない他の人がかわいそう」などと声が上がり、評判を落としたという話もあります。

映画やテレビ番組の宣伝のために、出演する俳優や女優がバラエティ番組などに出ることが増えているようですが、うまくこなせる人ばかりではないので、なかなか大変ですね。

バラエティ番組での評判は別として、女優としての杉咲花さんの評価・評判は、演技に迫力があり、同年代の女優の中ではトップ級の実力派女優といわれています。
 

まとめ

子役時代の「梶原花」から始まった杉咲花さんの芸能活動は、現在の所属事務所の研音に入ってから本格的に始まったといえます。

2011年のクックドゥのCMでは回鍋肉を食べる少女と評判になり、杉咲さんの大きな転機となりました。
その後、順調にドラマや映画にも出演するようになり、日本アカデミー賞などの映画賞も受賞しています。

2020年は、多くの若手女優をブレイクさせているNHK連続テレビ小説のヒロイン役も決まり、活躍の場が広がることは間違いことでしょう。

20代女優の先頭集団を突っ走る杉咲花さんに大注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました