初めての一人暮らしから始めるお金の管理方法!

お金
スポンサーリンク

一人暮らしでは、しっかりとした毎月のお金の管理が必要になってきます。
お金の流れを掴んで、よりよい生活を送るためのやりくりや節約術を身に付けましょう。

家計簿を利用することで、現在の自分のお金の使い方の傾向を知り、貯金や自己投資に回せる金額を計算することができます。

それでは、簡単で手軽にできる貯金の仕方や毎月の収入と支出から自由に使えるお金を割り出し、充実した一人暮らしを続ける方法をお伝えしますね。

スポンサーリンク

貯金の習慣を身に付けましょう

よりよい生活をしていくためには、今のための節約ややりくりだけでなく、将来のための貯金がかなり大切です。

貯金をする習慣をつけて、たとえ少しずつでも貯金をしていきましょう。
貯金の目的も、急な出費のためや欲しいものを買うため、海外留学などの目標のためなどいろいろあります。

手軽にお金を貯める方法として、昔から言われている方法がありますが、一人暮らしにおいても全くおなじです。

ひとつめはつもり貯金、つもり貯金はその言葉のとおり、なにかを買ったつもりで使わなかったそのお金や値引きされた商品を定価で買ったつもりでその差額のお金をためていく方法です。
例えば、毎日缶コーヒー(110円)を1本買ったつもりで貯金していくと、1年間で4万円以上の貯金ができることになります。

ふたつめは小銭貯金、小銭貯金は毎日財布の中の50円以下の小銭を貯金する方法で、小銭のある日とない日がありますが、塵も積もれば山となるということで、思ったよりも案外たくさんの貯金ができることもあります。

また、確実に貯める方法としては、毎月決まった金額を積立預金にする方法もあり、お金が手元にあるとすぐに使ってしまいがちな人には効果的かもしれません。

※希望※できれば毎月の収入の1割は貯金していきたいですね。

 

毎月の収入のうち自由に使えるお金を計算する

収入が少なければ、自由に使えるお金は少なくなります。
何も考えずにお金を使っていると、すぐに一人暮らしの生活が破綻してしまいます。

自由に使えるお金を計算するためには、家賃や光熱費などの固定費用を優先的に残さなければなりません
共益費を含む家賃・電気代・ガス代・水道代、スマホ料金やインターネットのプロバイダー料金などの通信費、定期代が固定費用にあたります。

その次に食費・日用品費といった必須のものをおよその金額で別に確保します。
大きな意味では、その残りが自由に使えるお金になりますが、ここですこしでも貯金に回すようにしておきましょう。

貯金を除いたお金が、本当に自由に使えるお金になるので、あとは自分のライフスタイルに合わせて使いましょう。
飲み会やおしゃれのため、趣味に使うなど楽しく充実した生活を送るために使っていきましょう。

 

自分のお金の流れをつかんでおきましょう

自由にお使えるお金についても、なんとなく使っていると思わぬ無駄遣いをしてしまっていることがあります。
特に一人暮らしでは要注意です。

簡単な家計簿をつけることで今までわからなかったお金の流れを知ることができ、限られた収入の中で充実した生活を送ることができるようになります。

家計簿は面倒くさいというイメージがありますが、単純にお金の流れを確認するだけなので、費用の項目を少なくし、金額も100円以下は切り捨てたりしてわかりやすくざっくりとした金額で大丈夫です。
また、レシートを撮影するだけで管理できるアプリもあるので、使ってみるといいでしょう。

そして、財布にたくさんのお金が入っていると、ついつい使ってしまいがちになります。
財布には必要以上のお金を入れないようにすることで、無駄使いを防止することもできますよ。

 

まとめ

充実した生活を送るために必要なこととは
・収入と支出の関係を理解し、将来のための貯金をしましょう。
・自由に使える金額を算出し、生活に破綻を起こさないように管理しましょう。
・自分のライフスタイルを充実させるために、お金を有意義に使っていきましょう。

ただし、なんとなく使っていると知らず知らずのうちに無駄使いしていることがあるので、一人暮らしにおいてもその点は注意しなければなりませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました